カステラは、16世紀の中頃南蛮人(ポルトガル人)により日本へ伝えられたと言われています。この頃に日本へ伝えられた、いわゆる南蛮菓子にはカステラのほかボーロ、カルメラ、アルヘイトウ(有平糖)、コンペイトウ(金平糖)、ビスカウト(ビスケット)等があります。
この様に色々のお菓子がこの時期に渡来しましたが、現在、我が国で最も親しまれているのは何といってもカステラでしょう。このカステラという名前は、ポルトガルの隣、当時の大国カスティーリャ王国(スペインの前身)の名前に由来することは、ほぼ間違いないとされています。
即ち、「カスティーリャのパンもしくは菓子」の意味であり、その「カスティーリャ」(ポルトガル語でカステラと発音する)だけが言葉として残ったものでしょう。となるとカステラの起源はスペインにありということになります。
ところで、カステラの基本材料は、小麦粉と卵と砂糖です。これに近いスペインの伝統菓子を探してみるとビスコッチョ(BISCOCHO)という菓子に出会います。ビスコッチョそのものは現在のスペインにおいてはごく普通のスポンジ菓子ですが、その発生は、遥か中世に遡ることの出来る歴史的な菓子です。まずビスコッチョ(BISCOCHO)という言葉は、ビス(BIS)とコッチョ(COCHO)に分解できます。(BIS)は二度の意味であり、(COCHO)は熱を加えることです。つまり、二度焼いたパンの意味です。本来はこの様に非常に堅く、日持ちのよい物でした。それが時代の経過とともに多少とも柔らかいスポンジ状の菓子もビスコッチョと言ったのでしょう。
しかしながら日本に渡来した当時のカステラ=ビスコッチョは、やはり現在のものよりは、かなり堅く、ぼそっとして、甘さが少ない物であったと思われます。

 この様なビスコッチョ=カステラは、その後日本人により日本人の嗜好に合わせて配合、形態等に創意工夫が加えられ、技術の改良が重ねられて、より美しくより柔らかく、よりしっとりした現在のカステラへと変化していったのです。
特に明治以降水飴を多量に配合することにより、今日と同一のしっとりとしたビスコッチョとは似て非なる、いわゆる「カステラ」らしさが完成されました。

 かくして今日の日本のカステラは、その起源は欧州(スペイン)にあるものの、わが国において独自の発達をとげ、おそらく世界のスポンジ菓子の中で、それ単体の完成度としては最高の位置に到達したと言っても過言ではないでしょう。



株式会社銀装
大阪市中央区心斎橋筋1丁目4番24号
商品のご注文はネット販売の他、フリーダイヤルでも承っております。
0120-01-0021 承り時間 9:00〜17:00(日曜日定休日)
FAXのご注文用紙はこちらから(PDFファイル)
お問い合せ
Copyright (C) 2003 GINSO Corporation. All Rights Reserved.